妊娠しやすくするためのストレス解消方法とは?

ストレスは万病の元とも言われ、現代人の体をむしばむ大きな原因となっています。これは、妊娠においても同じで、ストレスは妊娠の大敵なのです。ストレスと妊娠にはどんな関係があるのでしょうか。

 

ストレスと妊娠の関係

私たちの体はストレスを感じると、自律神経の働きに悪影響を与えて血行が悪くなってしまいます。子宮や卵巣には蜘蛛の巣のようにびっちりと毛細血管が通っていて、そこから酸素や栄養を受け取っているのですが、血行が悪くなると毛細血管に血液が行き渡らなくなり、子宮や卵巣に十分な栄養が届かなくなります。また、ストレスはホルモンバランスも崩してしまい、女性ホルモンの分泌が適正でなくなってしまいます。そうすると、生理不順などの症状が起こり、妊娠しにくくなるのです。

 

夫を味方にしてストレス解消

妊活中の最大のストレスは、「まだ、できないの?」などと周囲がプレッシャーをかけることです。しかし、他人の行動をコントロールすることはできませんし、特にあなた方の親の世代というのは、人の言う事に耳など貸しません。だから、そのような言葉は聞き流し、自分でストレスを解消しなくてはいけないのです。そのためには夫を味方にするのが最も良い方法です。心無い言葉であなたが傷ついても、夫が愚痴を聞いてくれれば、あなたの心はかなり解放されるでしょう。妊娠できないのは夫にも原因があるのですから、愚痴を聞いてもらい、同じ感情を共有することでストレスの解消になります。

 

夫が味方になってくれない場合

しかし、世の男性には頼りない人が多く、親に言われたことが絶対、といったマザコン夫もたくさんいます。そんな人は面倒がって愚痴すら聞いてくれないでしょう。そんな時は自分でストレス解消するしかありません。熱中できる趣味があればいいのですが、なければ適度な運動がおすすめです。ストレス解消と共に、体の血行も良くなって妊娠しやすい体作りにも役立ちます。一石二鳥の効果がある運動がストレス解消にはおすすめです。

 

 

人と関わる以上、必ず溜まるストレス。このストレスをどうやって解消していくのかは難しいところですよね。
ポイントとしては、時にはパートナー・時には一人で上手にストレスを発散していきましょう!